シミ、しわ、白髪と三拍子揃うまえに

こういったものが歳をとっていくと、3拍子揃ってしまうということがありますので、そうならないために、まずそこまで行く前に改善などはしておいた方が良いと思います。

シルクリスタの効果と私の口コミ!使い方や肌ざわりなど細かくレポート!

まず少しでも出てきた時点で、対策方法などを考えておけば抑えていくことができるわけですから、そう考えておくべきです。

「しわはどういった原因でできるのか」

皮膚上の線はシワと称される。幅、深さが1 mm未満であれば小ジワであり、それ以上は粗いシワとされる角質層の保水性が低下すると俗にちりめん(縮緬)シワと呼ばれる細かなシワ、小ジワができ、これは目の下や目尻にできやすい。紫外線によって繊維芽細胞が老化すると真皮ジワができる、と言われているのでだんだん高齢化に伴ってできてくるものなので、大体自分の年齢をしっかりと把握をしている人ならそろそろ出てくるんじゃないだろうかと言う感じはあると思います。

加齢と共に生じる全体的な皮膚変化としては、全体的に薄くなり、ハリがなくなり、特に顔、首、関節部にシワが生じてくる。屋外労働者など、紫外線を受ける部位では特に顕著で光老化と呼ばれています。

しわ自体の発生率について2008年の調査ではデータが見つからず、(日差しが強い)オーストラリアの30歳未満の男性の72%、女性の47%に中等度から重度の光損傷があり、また日光角化症と皮膚がんに関連していることがわかっています。

大人ニキビに悩んでいます

ニキビって、思春期の頃にできるものと同じだと思ってたんです。でも、大人ニキビはちょっと違いました。まず、できる場所も思春期の頃は額や頬だったのに、大人になると顎のラインにすごいできやすいんですよね。それもかなりしつこいんです。

http://www.bikecontrol-cycling.com/

1度消えても、また現れてきて困らせるのです。そして、その原因を自分が作っているということもよくわかってます。

まず、睡眠時間や食事の時間が不規則になりがちなので、まずはそこを改善しなくてはいけないんです。そうわかっているのに、なかなか改善できません。

大人ニキビに効果があるというクリームをつけてみたりもするのですが、やはり大人ニキビは消えてはくれません。

なんとか、コンシーラーやファンデーションで隠していますが、やはり格好悪いものです。

鏡を見るたびにため息が増えてきます。

自分ができることは、できるだけ規則正しい生活を心がけることしかありません。そのためには、大好きな脂っこい食事も、友人との飲み会も我慢しました。

そのおかげで、大人ニキビはかなり小さくはなってきているのですが、少しでも脂っこいものを食べると、すぐにまた出てくるんです。いつになったら完全に消えるのか、悩み続ける日々です。

脂性肌は治せるの?【スキンケアでは治せない】

・昼頃から顔がベタベタする…

・洗顔をしてもすぐに顔にテカリがでてくる…

こんな悩みをお持ちの方はいらっしゃいますか?

ヴィオテラスHSCセラムの効果と私の口コミ!販売店での市販状況もご紹介!

私も同じことで悩み、検索した経験があります。

そんな私の肌質は”脂性肌”でした。

でも、安心してください。きちんとしたケアを続ければ、脂性肌は治せるものなのです。

見出し【いきなり結論】

私の経験から良かったケア方法は

①40℃未満のぬるま湯を使うこと(40℃以上は厳禁)

②使うスキンケア用品は化粧水だけ

③夜更かししない

です。

【見出し】「え?たったこれだけ?」

「誰でも出来るし何なら私もやってますけど?」

という方がほとんどかと思います。

しかし、そのスキンケアはどのくらい続けたでしょうか?

1か月?3か月?半年?

大半の方は1年以上同じ方法でスキンケアを続けられていないのでは、と思います。

なぜなら、かつて私がそうであり、1年を通して気温や湿度が変動する為統一したケアができなかったからです。

【重要なことは、継続すること】

肌のスキンケアにおいて、同様のケアを続けることが必要だということです。

最低でも1年は続ける必要があります。人によっては2年程度必要な場合があります。

これには、肌のターンオーバーが関係しています。

ターンオーバーとは細胞の入れ替わりのことです。簡単にいえば新陳代謝ですね。

肌の場合は細胞が約1か月サイクルで入れ替わります。

つまり、今の肌質は1か月以上前の積み重ねによってできているということ。

すぐに結果は得られないんですね。

【見出し】丁寧なケアを心がけながら、継続していこう。

まずは1か月続けてみましょう。

それができれば2か月、3か月と少しずつ延ばしていきます。

なるべく日によって差を作らないように、規則正しく生活しましょう。

続ければ続けるほど、改善が目にみえ、モチベーションにつながります。

あなたの肌がより良いものとなり、人生が豊かになりますように!

今年は乾燥がタチが悪い 色々なアイテムをトライ&エラー中

今冬の乾燥は昨年と何かが違うのか、肌の乾燥が留まるところを知りません。顔・手・腕・脚どこも乾燥地帯です。

マスクをしている鼻や口は湿気があるおかげで多少潤うと思いきやこちらはマスクの擦れでの乾燥です。

ビューティーオープナージェルの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ評価!

勤め先は定期的な換気の時間以外はエアコンが効いているためお昼過ぎには顔がカピカピになってくるのが分かります。

手も一日に何度も消毒しているからか顔に負けず劣らずの乾燥っぷりです。

11月後半にこのまま本格的な冬が到来すると春までに私はミイラになる恐れが出てきたため慌てて保湿の研究を始めました。

顔はエリクシールの『つや玉ミスト』を購入。仕事の合間に顔にシュシュッとすることで瞬間的には潤います。

しかし私の肌は大人気商品のつや玉ミストでも到底足りず、30分後にはまた乾きを感じ始めます。

決して安い商品ではないので連日大量消費をする訳にもいかず、他の解決法を探ることにしました。

ここで一昨年大ブレイクした「ニベアをクリーム代わりに使う」ことを思い出しました。実は2年前はまだ今より数段潤いがあったので

ニベアを塗ると吹き出物が出来たことから使用をやめていました。今年ならこの油分が助けてくれるかもしれない!そう思ってニベアを

使ってみると確かにしっとり油分は感じるものの、今度は化粧が乗りません。そして日焼けしないかという別の心配まで出てきたこともあり

ニベア案は2回挑戦しただけで断念しました。しかしこれで油分多めのアイテムが向いていることが分かり、現在はスクワランを試しています。

使用を初めて3週間。今のところなかなか良い感じで過ごしていますが、厳寒の1.2月を越せるかどうかはまだ分かりません。

戦いの日々はまた続きそうです。

ニキビとニキビ跡とずっと一緒にいる私

小学5年生の頃、おでこにニキビが出き始めた。ととのうみすとの口コミを完全レポート!使い方から効果までを暴露します!

前髪で隠していたからあまり気にならずに元気に小学校生活を終えた。

中学生からは、週3回は両親の夫婦喧嘩が夜に勃発。機嫌の悪い母からの八つ当たりの日々。

毎日のようにストレス性であろう冷や汗を流すほどの腹痛。

ニキビはおでこを覆い尽くし、こめかみから頬へ勢力をのばしていった。

中学2年生には、顔面隙間なくニキビになってしまった。

多感な年頃の私に母が言った言葉が付き刺さった。

「何でそんなに汚くなったかね。」近所の皮膚科に母が連れて行ってくれた。

ベタベタのワセリンを処方された毎晩塗って寝たが改善されなかった。

ニキビが気になり、潰して潰してどれだけ潰してもどんどん増えてくる。

顔を上げて歩くのが恥ずかしくなり、地面ばかりを見ていた。

人と目を合わせることも恥ずかしくて、

こんな顔では誰も私を好きになってくれないだろうと恋も諦めていた。

両親の喧嘩の原因は私が母の連れ子だからだったということなのも

私が私の存在を否定することに拍車をかけていた。

それでも、イジメにはあわず友達もいたのでなんとか中学卒業まで登校した。

高校は中退した。一人で暮らそうと考えて就職した。

そこで、主人と出逢い結婚することになり

実家を出たらニキビが消え失せた。

ストレスによるホルモンバランスの崩れなのではないかと今は思っている。

その後は、ニキビ跡に悩まされ続けている。

今は、皮膚科の治療も進化してニキビ用の化粧水など良いものが

沢山あるようで本当によかったと思う。

自分の子供たちは男の子だったけれども、ニキビが少しでもできたら

皮膚科に連れて行った。跡にならないように。

私のパート先で周りの人がニキビ跡のことで陰口を言っているのが

度々耳に入ってきた、その度に泣いた。

ニキビ跡をなんとかしたくて、ピーリングやレーザーに通って

途中でお金が続かなくてすっかりよくなるまでは通院出来なかった。

自分なりにできるニキビ跡に対してのことはやってきた。

50代になりこの肌は、どうしようもないことだと思って開き直って生きている。

綺麗な肌は羨ましいけれど

私は私。内面を磨こうって決めて生きている。

年齢を重ねて、意地悪な顔にならないように

可愛いおばあちゃんを目指し生きている。

紫外線対策には美味しいヨーグルトで

5月 6月になると、日差しが強くなり、又、長袖から半袖になるので、肌を出すことが、多くなる季節ですね。
そんな季節になると、一番気になるのは紫外線です。
特に女性にとっては、紫外線は肌トラブルの一番の原因になります。

FACEEリキッドセラムプラス

日差しが強いと言うことは、暑くなると言う事に繋がり、誰もが、肌を出し、涼しい服装になることは、自然なことですよね。
その反面、肌が焼けてしまうことに繋がってしまいます。
又、日焼けした肌をそのままほっといて、後々シミに残っている人もいるのではないでしょうか。
そうなってしまう前に、早めにケアをしてみたらどうでしょう。
今、あなたの頭の中で、私と同じことを思い描いているのではありませんか。
そう、薬局で売られている日焼け止めのクリームをこまめにつけることも必要だと思います。
でも、毎日のことで、手を洗ったり、汗をかいたりすれば、クリームは落ちてしまいますよね。

そこで、私がお勧めする紫外線対策線を紹介します。
私は、毎日ヨーグルトを食べていますが、紫外線対策に効果があるなんてびっくりしたことを、今でも覚えています。
ヨーグルトの効果としていくつか挙げられています。
ヨーグルトには、生きた乳酸菌があり、その乳酸菌が腸に届き、体の内側から綺麗にしてくれる効果があります。
その為、ヨーグルトの善玉菌が増えて、肌のトラブル解消に繋がります。

ヨーグルトとの食べ方で加えていくとすれば、フルーツです。
バナナ、リンゴ、キュウイフルーツなどを加えてヨーグルトに混ぜてみたら、どうでしょう。フルーツを混ぜると、ますます効果アップにも繋がると思います。
では、いつから食べたほうがよいのでしょうか。夏になってから、それとも日差しが強くなってきてから?いやいや、ちがいますよ。今、この2月3月のこの時期です。
ヨーグルトとは、薬では、ありません。
食品ですので、毎日の朝でも夜でも、自分の好きな時間でとることが可能です。
地道に長い時間で無理せず、ヨーグルトを食べ続けることが肌のトラブルを抑える効果が期待できます。

皆さんも、一度お試しください。
紫外線を浴びたとしても、今年は、ヨーグルトを食べているので対策は万全です。
もし、肌を出す服を着たとしても、焼けることも気にしないで、歩けるのかもしれませんね。
さあ、ヨーグルトを食べて、紫外線対策をしっかりとケアをしましょう。
そして、毎日おいしく食べることが、大切だと思います。

ほほ骨のあたりにある憎いヤツ

「あの日、砂浜で居眠りをしなければ、こんなことにはなっていなかったのに・・・!」

チェルラーブリリオの効果と私の口コミ!薬局などの市販では購入可能?

何度、そう思って鏡の前で立ちすくんだことでしょうか。

わたしは、中学生の頃に行った海で、泳ぎ疲れて砂浜で居眠りをしてしまいました。肌が出ているところはすべてひどい日焼け状態になりました。

数日すると、あちこち皮がめくれてきて、ヒリヒリと痛みます。

もちろん、顔の皮膚も例外ではありません。顔じゅうの皮は突っ張り、引き攣れてひどいありさまです。

それからです。目の下のほほ骨のあたりに、大きなしみが出現したのは。

あんまり大きく濃いしみなので、会う人会う人みんなに「あれ?痛そう!」「どうしたのそのアザ」と驚かれました。当時は高校生でした。

本当に傷つきました。四十路を超えた今も、憎いヤツはそこに居座り続け、わたしにあの日の後悔を思い出させるのです。

ですがわたしも大人になり、それなりに知恵をつけました。

しみは、細胞のキズとして新しい皮膚を作るときに間違ったものが出来てしまうのです。だから、できるだけその細胞を大切にしてあげると、次の皮膚は優しい色味(薄いしみ)となって出現するということを理解し、実践しています。そう、保湿です。なにを置いても保湿は本当に大切です。

そうすることで、この憎いしみは、だんだんと薄くなったのです。

もちろん、保湿し続けなければまたその存在感を増してくるのですが、わたしはヤツと、もう仲たがいせずに気長に付き合っていくつもりでいます。徐々に愛着も湧いてきました。消えることはありませんが、仲良くしていこうと思っています。

おそるべし! 「ほうれい線」!!

目につきはじめた「ほうれい線」には、ほんとうにしょんぼりしています。年齢を重ねて隠すことができない唇の周りを囲むように浮き出てきてしまっています。http://www.rc-leipzig.com/

綺麗な円形を描いている「ほうれい線」。鏡を見るたびにため息ばかりです。「ほうれい線」がなければ顔も明るく若返るのに! と、ほお骨のあたりから皮膚を持ち上げてみることもしょっちゅうです。こんなハリがあった頃を思い出しては戻りたい戻したいなとまたため息です。少しでも改善したくてネット検索で見つけたほお骨に沿って行う指マッサージも継続してみましたが、それほど簡単には改善できずにいます。笑顔で過ごしてきた人は「ほうれい線」が目立たないとも聞きました。

私は笑顔が少ない日々だったのかもしれない・・・と暗く考えてしまうのも「ほうれい線」によることなのです。年齢を重ねてくると過ごしてきた時間を振り返ることもたくさんあります。そこで逆にこれからは「ほうれい線」を引き上げるくらいの笑顔で過ごそうと改心したいです。内面的に美しくなることから始めたいです。

今は、保湿や化粧水にも意識を置いて、パックする際も上の方へ上の方へと笑顔でパッキングしています。なかなかリフトアップは簡単ではなく挫けそうですがどうにか頑張りたいです。何か応援グッズのうようなものもあると良いなと願う日々です。対戦相手は手強い「ほうれい線」なかなか手強い相手なのです。

きになる目の下の小じわやシミソバカスが改善!基礎ケアをちゃんとするだけで変わった!

30代の主婦です。

これまでズボラでガサツで本当に自分のお肌のケアなど、ほとんどして来ませんでした。

しかし、ここ数年で、あれ?と思うことが増え、化粧ノリの悪さや小ジワ、さらにはシミソバカスが濃くなっている?!と自分のかおを直視するのが嫌になって来ていました。

http://studiobigosinska.com/

ここ数ヶ月で美容に詳しい友人と親しくなり、教えてもらったのは、基礎ケアだけでもしっかりすれば、ちゃんと改善される、ということ。

もちろん高い化粧品を使えばより効果は高いと思うけれど、そこまで自分にお金をかける余裕などなく、薬局で買えるプチプラな化粧水・乳液、無印良品の保湿クリームを使って、基本的なケアだけでも!とするようになりました。

すると、ケアを初めて1ヶ月程度で、シミソバカスが薄くなって来たのでは?という実感が!

さらに、目の下の小ジワも軽減され、ファンデーションがシワに入り込み、午後には目元シワシワ……なんてことも少なくなって来ました!

実際に、高校時代から親しい友人にすっぴんを見せて、どう?と聞くと、友人からも薄くなってる!と太鼓判をいただきました。

もちろん、30代に突入するまでケアをしていない、という人は少ないかと思いますが、基本的なケアだけでも小ジワやシミソバカスはケアできる!ということを知り、美容への興味が湧きました。

まだまだ気になる部分が多いので、これからも自分に無理のない金額・手間で若々しくいられるように知人の力も借りながら、よりしっかりケアしていこうと思います。

中年男性の肌ケア

私は男性ですが、40代を迎えて漠然と自分の肌を気にするようになりました。特に気になるのはシミです。実際はまだ自分の肌に目立つようなシミはできていないのですが、そうなる前に予防をしたいと思いスキンケアを考えるようになりました。

モイスポイントを使用

まず始めたことはふろ上がりに化粧水と乳液をつけることです。最初のうちは面倒だなと思っていたのですが、1か月もすると一連の作業にも慣れました。それどころかちゃんとケアしないと落ち着かなくなってしまうようになりました。

次に行ったことは夏場の日焼け対策です。自分は日に当たると日焼けはせず、しばらくの間赤くなるだけだったので、日焼け止めなんて一度も使ったことはありませんでした。しかし、それはよくないんじゃないかと思い、外に出るときは日焼け止めを塗るようになりました。

こうして自分なりに対策をしてきましたが、どうしてもできないことがあります。それが食事改善です。

私は昔から好き嫌いが多く、特に野菜はほとんどといっていいくらい食べません。本当はシミ対策以外の健康のことも考えて、野菜も食べたほうがいいのはわかっているのですが、どうしても箸がすすまないのです。

なので今はサプリメントを購入しようか迷っています。

今更ですが、私のようなおじさんが肌ケアなんておかしいでしょうか。

健康なお肌を保ちたい人必見!肌に優しい正しい洗顔方法

洗顔の目的は皮膚に付着した汚れや酸化した皮脂を落とすことですが、肌に必要な皮脂や肌の潤いを保つセラミド、天然保湿因子(NMF)まで洗い流してしまうような過度な洗顔をしているケースが実は多くみられます。また女性はメイクをすることが多く、普通の洗顔料や石けんでは落としにくいため、化粧品の油分を落とすために専用のクレンジング剤を使用します。洗顔とクレンジングを正しく行うことはスキンケアの基本であり、とても重要なことですので解説していきたいと思います。

レナセルクリアセラム

まずは洗顔方法と回数ですが、一般的には朝と夜の2回洗顔をする人が多いのではないでしょうか。肌質や季節、運動の有無などの生活パターンにより適切な回数は異なりますが、基本的には乾燥肌は1日1?2回、脂性肌は1日2?3回程度が目安になります。洗顔料を使うのは1日1回にして、それ以外は軽くぬるま湯ですすぐ方法が合っているという場合もあります。ニキビや脂漏性が気になり何度も洗顔を繰り返すかたもいらっしゃるかと思いますが、洗いすぎることで余計に皮脂の分泌を促してしまうことに繋がる場合がありますので洗いすぎにも注意が必要です。

洗顔の実際として、水か35℃程度のぬるま湯で軽く汚れを落とした後に石けんや洗顔料を十分に泡だてて汚れや皮脂を浮き上がらせることをイメージしながら優しく洗いましょう。決して強くこすらないことが大切です。優しく穏やかに、自分と向き合うリラックスタイムとして洗顔を取り入れてみてはいかがでしょうか。

混合肌にお悩み中です

私の肌はいわゆる「混合肌」。

油分に悩む部分と、乾燥に悩む部分を持っています。

モイスポイントの効果

学生の頃はオイリー肌で悩んでいました。

朝しっかり洗顔をしていっても、お昼ごろには顔がテカって前髪が張り付いたり。

何回ティッシュオフしても脂っぽい肌は隠せませんでした。

社会人になってから、顔の油分は少しずつ落ち着いてきましたが、反対に乾燥が進むようになりました。

乾燥する部分は鼻先や頬です。

しかし、おでこや小鼻部分は相変わらずにオイリー肌です。

乾燥肌はテカり肌ほど見た目の不快感はないのですが、やっぱり近くで肌を見るとカサカサしているのが気になります。

混合肌用のパックや化粧水、乳液などを使っていますが、あまり改善している気がしません。

最近はマスク生活なので、鏡を見て混合肌に悩むことは少なくなりましたが、おでこのテカりだけは目立つので満足には程遠いのです。

どうしたら私のお肌はちょうどよいしっとり肌になってくれるのでしょうか。

今後、加齢と共に乾燥は進むと思います。

なので、これからはもっと肌ケアに気合を入れないといけないな、と思っています。

今気になっているのは、美顔器です。

いろんなタイプがあるのでどれを買うか迷ってしまいますが、そろそろちゃんと検討し始めないとな、と思っています。

年をとると毛穴が開きます

こんにちは。私は今、39歳ですが、結婚して子供を産み、育児に家事に・・・とやっているうちに気が付くと顔がとんでもないことになっていました。とんでもないこと。。

評判以上?素顔美人の効果や飲んでみた口コミなどを完全レポート!

それは目立ちすぎる毛穴です。しみやシワ、いつできていつ死んだのかわからないニキビor吹き出物の痕。肌の悩みはたくさんありますが、中でも一番目立つのは私はやっぱり毛穴です。黒い点々がすごい勢いで、大きくなったり増えていってる感じです。毛穴って昔からあるのに年をとってからこんなに目立つってほんと不思議です。

だって毎日きちんと洗顔してるのに。黒いということはやはりある程度汚れが原因という気がしてならないのですが、どうやってもとれません。いけないとわかっていても指で押してみたりしましたが、減るけはいもありません。

 なにかおすすめの洗顔方法、マッサージなどありますか?最近では鼻だけでなく、鼻のまわりにもひろがってきている気がします。エステはランニングコストがかかりそうだし、たとえ効果があっても高い化粧品を使っていく自信はありません。(そんなに裕福ではないので)ファンデーション無しで出歩くのも年齢的にもう無理なので、なにか低コストで続けていけるいい方法はないかな~と思っています。

夏の「日焼け」はアフターケアできていますか?

夏になると、海水浴やプールなどの屋外レジャーが待っています。

しかし、夏につきものなのが「日焼け」なのですが、私は日焼け止めクリームを塗ったり、日傘をさしたりぐらいしか対策をしていません。

「日焼け」とは、紫外線を浴びて、皮膚が炎症を起こした状態で、広く言えば火傷です。

だから、日焼けの後に入浴やシャワーを浴びるとヒリヒリしたり、皮膚が剥がれたりするのです。

http://seriestemporales-ieo.com/

それに、日差しが強くなると、紫外線から皮膚守るため「メラニン」を作り、その色素で紫外線を吸収しようとします。

しかし、その働きで色素沈着をおこし、シワやシミの原因になるので女性には大敵です。

仮に、UVカットの化粧品を塗り、日傘を指して長袖の服を着て外出しても、日焼けをしてしまったら、出来るだけ迅速にその状態に合わせたアフターケアーが大切です。

熱い、痛いなどの症状があれば、すぐに冷水で冷して専用の薬を塗り、もし「水ぶくれ」になっていたり、雑菌がはいって炎症を起こしていたり、傷跡が残っていたら潰さずに受診してください。

「年々、日差しが強くなってきて、紫外線が増えています」と言われて久しいですが、ケア次第でその後の皮膚の状態が良くなるのでしっかり対策したいものです。

背中ニキビに悩まされています。

都内在住30代女性です。12歳頃から顔や背中にニキビができはじめ、それがいまだに治りません。一番酷かった10代の頃に比べれば多少は改善されましたが、もともと肌の脂質が多いのか、少しケアを怠るとすぐポツポツニキビができてしまいます。

http://www.mtbgalaxy.com/

特に口の横にできるニキビがみっともなくて嫌いです。無理に潰すと跡が残って悪化するとわかっているのですが、顔にできると鏡やガラスに映るたび気になってしまい、どうしても潰してしまいます。さすがにこの年齢になると顔のニキビは目立たなくなりましたが、背中のニキビの悪化は酷くなる一方です。

顔はまだ見た目を意識して掻くのを自制できますが、背中は人目に触れない場所なので、掻きむしりたくなる衝動を抑えることができません。背中ニキビ改善のネットサイトなどをあちこち見回ってみたのですが、今の所これといった効果はなく、夏場は背中の開いた服が着れずに困っています。

水着なんてもってのほか、どうにか綺麗な肌を取り戻したいのですが、現在は諦めかけています。お付き合いしている人もいないし、見られる心配がないならいいかな……と、なげやりな気持ちになってしまうのがまたなんとも切ないのでした。ニキビとの不毛な戦いはまだ当分続きそうです。

3人目出産後の現在の肌

私は現在36歳。シミ、赤み、毛穴など悩みはたくさんあります。http://igcp655-toae.com/

私は35歳のときに3人目の子供を産みました。3人目の妊娠中は両頬全体に小さなぶつぶつがたくさん出たり、目の下に薄いたくさんのシミがソバカスのようにバーっと出たり、トラブル続きでした。

出産から数週間後、いつのまにか目の下にできていた薄いたくさんのシミはかなり薄くなり、よーく見ないとわからない程度になりました。

妊娠中に発生したトラブルはほぼ解決しました。

ただ日焼けによる目の周りのシミが濃くなってきたのでそれには今も悩んでいます。

でも1番の悩みは、全体的にハリが失われていることです。

現在母乳育児を行なっていて、栄養を母乳に取られてしまっているためか、全体的に肌はカサカサ、潤いがないため鼻の毛穴と頬の毛穴も目立ってきていて、弾力不足のため全体的に疲れてる印象の肌になっています。

若い子というのはシミがあってもニキビがあっても、ハリがあるので若く見えるのだと思います。

年齢も重ね、栄養も吸い取られてしまった今、顔にいっていた栄養が顔に回らなくなってしまい肌ツヤが悪くなってしまっています。

ここで悪あがきをしなければ、私はこのまま老いてしまうでしょう。

否!私は奇跡の60代になりたいのです。あ、まだ36ですけど。老けてきたからといって今放置しては命取りです。

というわけで対策として1万円程度の美顔器を購入し毎日イオン導入と光エステをやっております。効果はすぐには出ないけど10年後笑っていられるように、頑張ります。