ダメなことがわかってるうちの愛犬

我が家では4歳になるゴールデンレトリバーを飼っています。人懐っこく、私が家に帰るとすぐに尻尾を振って寄ってくる甘えん坊です。しつけはしっかりしているので、私がご飯を食べているときや、寝ているときはおとなしくしています。特に「待て」と「よし」はしっかりと教えたので、目の前にドッグフードが山盛りに盛られていたとしても、「よし」と言うまで我慢できるお利口さんです。

悪評が多い?Ta-Ta(タータ)の真の効果とガチの口コミをご紹介します!

けど、家で一人でいるときはハメをはずしてしまうことがあります。ある日、私が家に帰ると、いつも玄関前にいるはずの愛犬がいません。足音すら聞こえないので、不安になって慌ててリビングに行きました。ソファはティッシュまみれになっており、床にはボロボロになったティッシュ箱が転がっていました。

そして、部屋の隅では愛犬が身動き一つとらずにきれいなお座りをしていました。虚空を見つめているその様はまるで忠犬ハチ公みたいで思わず笑ってしまいましたが、心を鬼にしてしっかり叱りました。

その日はずっとシュンとしていましたが、翌朝になるといつものように元気に甘えてきました。元気になったのは嬉しいけど、ティッシュ箱で遊んじゃいけないことは覚えていてほしいですね。