健康なお肌を保ちたい人必見!肌に優しい正しい洗顔方法

洗顔の目的は皮膚に付着した汚れや酸化した皮脂を落とすことですが、肌に必要な皮脂や肌の潤いを保つセラミド、天然保湿因子(NMF)まで洗い流してしまうような過度な洗顔をしているケースが実は多くみられます。また女性はメイクをすることが多く、普通の洗顔料や石けんでは落としにくいため、化粧品の油分を落とすために専用のクレンジング剤を使用します。洗顔とクレンジングを正しく行うことはスキンケアの基本であり、とても重要なことですので解説していきたいと思います。

レナセルクリアセラム

まずは洗顔方法と回数ですが、一般的には朝と夜の2回洗顔をする人が多いのではないでしょうか。肌質や季節、運動の有無などの生活パターンにより適切な回数は異なりますが、基本的には乾燥肌は1日1?2回、脂性肌は1日2?3回程度が目安になります。洗顔料を使うのは1日1回にして、それ以外は軽くぬるま湯ですすぐ方法が合っているという場合もあります。ニキビや脂漏性が気になり何度も洗顔を繰り返すかたもいらっしゃるかと思いますが、洗いすぎることで余計に皮脂の分泌を促してしまうことに繋がる場合がありますので洗いすぎにも注意が必要です。

洗顔の実際として、水か35℃程度のぬるま湯で軽く汚れを落とした後に石けんや洗顔料を十分に泡だてて汚れや皮脂を浮き上がらせることをイメージしながら優しく洗いましょう。決して強くこすらないことが大切です。優しく穏やかに、自分と向き合うリラックスタイムとして洗顔を取り入れてみてはいかがでしょうか。