年々変化する髪の悩み

子どもの頃は、髪が太く、量も多くて、三つ編みをすると、「しめ縄みたい」と笑われるのが悩みでした。美容院では、必ず髪をすいてもらい、床に散らばった大量の髪の毛をみて、清掃するのが大変そうだと気の毒に思うほどでした。大学時代より、髪を染めたあとにパーマをかけるようになりました。それだけで外見が格段にあか抜けて、周囲からは好意的な目でみられるようになりました。

ヘアリシェ育毛エッセンス効果!

しかし、子どもの頃は量が多かった髪の毛が嘘のように少なくなり、髪も細くなってしまい、それはそれで、明らかにダメージを受けているような髪になってしまい、悩むようになりました。丁度、就活が始まる頃で髪も黒髪に戻すようになり、黒髪に戻っていくと、もう髪は染めないようになり、パーマも控えるようにしました。数年経った頃、一時はマシになったものの、なぜかまた髪の毛が減って行くようになり、頭皮が上からはっきりみえるくらい、髪の毛が少なくなってしまいました。抜け毛も増えて、部屋上に髪の毛が散らばるほどです。

色んな原因が考えられますが、髪の毛がとても長いため、毎日髪をくくるようにしており、長年ずっと同じ分け目にしていたため、分け目がはっきりになり頭皮がみえてしまったのではないかと思われます。髪の毛をくくることも一見大したことじゃないように思われますが、ずっと縛り続けるのはよくないことだと知人にいわれました。また、抜け毛が多いのは基本的に栄養不足で、髪の毛まで栄養がいってないとのこと。栄養不足を補うのは、難しかったので、とりあえず今は、髪を洗ったあとすぐに乾かして、髪の毛を縛る時間も少なめにしたりしています。今は、白髪が目立ち始め、新たな悩みに突入です。

しばらく髪のダメージを考えてやめていたカラーも、これからまたやることになるのかと気が重くなっています。当たり前と言われそうですが、髪の毛の悩みは年々変わっていくものだと改めて実感しました。対処が分からず調べるのでどんどん髪の毛の悩みに詳しくなりそうです。