紫外線対策には美味しいヨーグルトで

5月 6月になると、日差しが強くなり、又、長袖から半袖になるので、肌を出すことが、多くなる季節ですね。
そんな季節になると、一番気になるのは紫外線です。
特に女性にとっては、紫外線は肌トラブルの一番の原因になります。

FACEEリキッドセラムプラス

日差しが強いと言うことは、暑くなると言う事に繋がり、誰もが、肌を出し、涼しい服装になることは、自然なことですよね。
その反面、肌が焼けてしまうことに繋がってしまいます。
又、日焼けした肌をそのままほっといて、後々シミに残っている人もいるのではないでしょうか。
そうなってしまう前に、早めにケアをしてみたらどうでしょう。
今、あなたの頭の中で、私と同じことを思い描いているのではありませんか。
そう、薬局で売られている日焼け止めのクリームをこまめにつけることも必要だと思います。
でも、毎日のことで、手を洗ったり、汗をかいたりすれば、クリームは落ちてしまいますよね。

そこで、私がお勧めする紫外線対策線を紹介します。
私は、毎日ヨーグルトを食べていますが、紫外線対策に効果があるなんてびっくりしたことを、今でも覚えています。
ヨーグルトの効果としていくつか挙げられています。
ヨーグルトには、生きた乳酸菌があり、その乳酸菌が腸に届き、体の内側から綺麗にしてくれる効果があります。
その為、ヨーグルトの善玉菌が増えて、肌のトラブル解消に繋がります。

ヨーグルトとの食べ方で加えていくとすれば、フルーツです。
バナナ、リンゴ、キュウイフルーツなどを加えてヨーグルトに混ぜてみたら、どうでしょう。フルーツを混ぜると、ますます効果アップにも繋がると思います。
では、いつから食べたほうがよいのでしょうか。夏になってから、それとも日差しが強くなってきてから?いやいや、ちがいますよ。今、この2月3月のこの時期です。
ヨーグルトとは、薬では、ありません。
食品ですので、毎日の朝でも夜でも、自分の好きな時間でとることが可能です。
地道に長い時間で無理せず、ヨーグルトを食べ続けることが肌のトラブルを抑える効果が期待できます。

皆さんも、一度お試しください。
紫外線を浴びたとしても、今年は、ヨーグルトを食べているので対策は万全です。
もし、肌を出す服を着たとしても、焼けることも気にしないで、歩けるのかもしれませんね。
さあ、ヨーグルトを食べて、紫外線対策をしっかりとケアをしましょう。
そして、毎日おいしく食べることが、大切だと思います。